5,400円(税込)以上ご購入で送料無料

reMio

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
5,400円(税込)以上
ご購入で送料無料

2014年03月20日

ブログ

アルガンオイルを輸入したわけ

タグ:

IMGP0091-w300-h250

私は、最初の仕事から海外が中心でした。

最初は「あるブランド」の立ち上げから、店舗運営などが中心でしたが、

後に、転職をしても常に、海外関連が主な業務。 現地での生産管理や指導も行ってきました。

経験則から言えば、海外から商品を輸入することは、大手ならある程度簡単と思いでしょうが、なかなか、生産現場の中まで入りのその生産工程を理解している会社は少ないのが現実です。 まして、中小では、言葉と習慣、ビジネスマナーをきっちり理解していないことが多く、取引の実現はしないし大きな損失が出ることも在ります。

逆に言えば、その点をきっちり抑えることが出来るなら、良い商品を継続して輸入できるということです。

アルガンオイルのように生産量が少ない商品は、大手では手を出さないし、中小では取引リスクが心配で

手が出せないということになります。

このことにより、純粋なアルガンオイルの流通量は少ないと思います?

直輸入して販売している会社で、現地に精通している会社は何社あるでしょうか? 現在販売されている商品のアルガンオイルの配合比率は? そしてその品質は? 最高品質を維持するため、アルガンの樹の樹齢は何年の樹? 実の収穫の時期は? オイルの抽出方法と温度管理は?精製方法は?

皆様に安心と信頼をお届けするためには、まず自分が現地で確かめることが第一番目の仕事としています。

今回の新ブランド立上げ製品について、昨年(2013年11月)に生産現場に赴き、提携先生産メーカーと品質の再確認を行ってきました。

高品質なピュアアルガンオイルの直輸入を実現出来たのは、私自身の言語能力はもちろんのこと、海外とのかかわり方を経験していたこと、事細かに生産工程管理を行ってきたこと、そして一番重要なことは人的ネットーワークがあったからだと思っています。